So-net無料ブログ作成
検索選択

かなり前に食べたキツネ料理

きつね肉.jpg

西暦2000年12月下旬、中華人民共和国浙江省天台山のホテルで食べた

キツネ肉の炒め物です。天台山は、最澄(伝教大師)が留学した場所です。

たまたま、近隣の猟師が仕留めたキツネがあったので調理してもらいました。

ここで、キツネうどんをやろうとしたのですが、麺は細い麺が少ししかなく

見ると、日本のうどんとかなり違うようなので諦めました。



その後、台東区蔵前の漢方薬局屋さんの「蛇善」さんで

日本のキツネの舌を見つけて買いました。

キツネの舌.jpg

これです。

キツネの舌(キツネのタン)です。食材というより薬ですね。

乾燥していて硬いので水につけて軟らかくしました。

きつねうどん.jpg

そして、軟らかくなったキツネのタンを入れて、うどんを作りました。

私が食べた、本物のキツネうどんです。

これは、あまり美味しくありませんが、体には良いと思います。

日本でキツネ肉の料理は、まだ食べたことがありません。
nice!(95)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る