So-net無料ブログ作成
検索選択

乳頭温泉 その1

IMG_1208.jpg

秋田新幹線の田沢湖駅です。

ここから乳頭温泉まで、バスで50分です。

IMG_1209.jpg

乳頭温泉郷には、七つぐらいの温泉宿がありますが

ここが一番古いそうです。

IMG_1210.jpg

こういう温泉旅館です。

ここに宿泊したかったのですが部屋が空いてませんでした。

IMG_1211.jpg

内湯は何か所か飲める温泉になっているので

マイカップで、焼酎の温泉割りを作って飲みます。

IMG_1235.jpg

黒湯と書かれていますが黒くないです。

白濁した温泉です。

IMG_1224.jpg

なかなか入り心地の良い温泉です。

1人で、ゆっくり浸かるには、ちょうどいいです。

IMG_1236.jpg

今度は、白湯です。

IMG_1237.jpg

こちらの方が、やや広いです。

外に混浴露天風呂もありましたが

混んでいて、カップルの入浴者がいたので写真は撮りませんでした。



今度は大釜温泉旅館です。

IMG_1247.jpg

こういう建物です。

IMG_1248.jpg

学校みたいですね。

IMG_1255.jpg

でも、違うのです。

IMG_1249.jpg

ここは、茶褐色の濁り湯でした。

IMG_1251.jpg

雪の露天風呂、とても良かったです。

さすが豪雪地帯ですね。

IMG_1261.jpg

温泉上がりに、イカをつまみにビールを飲んだ後

今回、宿泊する妙乃湯旅館に向かいました。

早めにご報告

IMG_1298.jpg

前の記事で、大病の予兆と書きましたが、食物が呑み込みづらくなったのです。

検査の結果、食道癌でした。

かなり、癌細胞の転移が進んでしまっているので

日程は、まだ決まっておりませんが、四月中旬から長期入院となり

抗がん剤を打ち続ける治療を受けることになりました。



次回の記事は、三月下旬に行った1泊2日の秋田県の温泉の記事を公開します。

いつもと同じような記事を書きますので、いつもと同じように対応してください。

梅見酒

IMG_1185.jpg

先々週に公開した裏庭の豊後梅、一昨日の日曜日に満開になりました。

IMG_1186.jpg

そこで梅見酒です。

ここ数年、恒例となっています。



4月7日ぐらいまで、ブログを休止いたします。

今回は、病院の検査などを行う予定です。

何か大病の予兆があります。

でも、短期旅行なども計画しているのです。

あと、3週間以上先ですが、これからどうなるかわかりません。

復活したら、また、よろしくお願いします。

かなり前に食べたキツネ料理

きつね肉.jpg

西暦2000年12月下旬、中華人民共和国浙江省天台山のホテルで食べた

キツネ肉の炒め物です。天台山は、最澄(伝教大師)が留学した場所です。

たまたま、近隣の猟師が仕留めたキツネがあったので調理してもらいました。

ここで、キツネうどんをやろうとしたのですが、麺は細い麺が少ししかなく

見ると、日本のうどんとかなり違うようなので諦めました。



その後、台東区蔵前の漢方薬局屋さんの「蛇善」さんで

日本のキツネの舌を見つけて買いました。

キツネの舌.jpg

これです。

キツネの舌(キツネのタン)です。食材というより薬ですね。

乾燥していて硬いので水につけて軟らかくしました。

きつねうどん.jpg

そして、軟らかくなったキツネのタンを入れて、うどんを作りました。

私が食べた、本物のキツネうどんです。

これは、あまり美味しくありませんが、体には良いと思います。

日本でキツネ肉の料理は、まだ食べたことがありません。

たぬきの肉は臭くなかった

IMG_1174.png

神奈川横浜の「珍獣屋」というレストランです。

今回は、ハクビシンとタヌキ(穴熊ではなくイヌ科のタヌキ)の鍋です。

IMG_1175.jpg

左側の多い方が、ハクビシン、右側の少ない方がタヌキです。

IMG_1178.jpg

ハクビシンの方が脂が乗ってて美味しいかもしれません。

IMG_1176.jpg

このタヌキの肉は、長野県の猟師の方たちから仕入れたそうです。

IMG_1177.jpg

タヌキに似た穴熊と違い、タヌキの肉は臭いと聞いていましたが

まったく、そんなことはありませんでした。

でも、ハクビシンや穴熊の方が美味しいということがわかりました。

しかし、タヌキも不味くありません。さっぱり系の肉です。

今回、野菜の入った鍋を撮影するのを忘れてしまいました。

IMG_1179.jpg

この後、クジラの金玉刺しを注文しました。

IMG_1181.jpg

これです。

クジラの名前は、わからないそうです。

コリコリして美味しいです。

IMG_1182.jpg

これは、殻ごと食べられるウズラの卵です。

これは、食べやすいです。




おまけ

タヌキの肉を少し持ち帰りました。

IMG_1183.jpg

小さいですが、正真正銘の狸蕎麦です。

狸肉と葱の青い部分を使いました。

普通のタヌキ蕎麦を蕎麦屋で食べている時

いつか本物の狸の肉の入った狸蕎麦を食べたいと思っていましたが

やっと念願が成就いたしました。


シビレ

IMG_1164.jpg

東京都足立区の東武西新井駅前の「かぶら屋」さんの店内です。

ヤキトンが1本で80円です。

最近、ここのシビレ(膵臓)にはまっています。

IMG_1165.jpg

これが、シビレの塩焼です。

とても軟らかくて美味しいです。

飲み物はビールです。

シビレは、この店以外では食べた記憶がありません。

IMG_1166.jpg

これは、シロモツのタレ焼、飲み物は電気ブランの炭酸割です。

シロモツ(大腸)は定番ですね。

七味唐辛子をかけて、いただきます。

豊後梅

IMG_1122.jpg

自宅の裏庭の梅が開花しました。

豊後梅です。

IMG_1123.jpg

梅の花、近くで鑑賞すると楽しめます。

IMG_1124.jpg

もうすぐ桜の季節になりますね。

これからは花の季節ですね。

金色のひっぱりだこ飯

IMG_1084.jpg

JR特急スーパーひたちの車内です。

四年前に「ひっぱりだこ飯」という記事を書いています。

それは、現在も売られていますが、これは新発売のようです。

IMG_1085.jpg

普通の「ひっぱりだこ飯」は、1000円、四年前は、980円でした。

この「金色のひっぱりだこ飯」は、1280円です。

IMG_1086.jpg

中身は、こうなっています。

普通の「ひっぱりだこ飯」は私の記事を検索すると出てきます。

IMG_1087.jpg

栗を食べた後、中を見ると細い玉子焼きや穴子が入っていました。

IMG_1088.jpg

御飯の中から、つみれのようなものも出てきました。

IMG_1116.jpg

容器は、持ち帰りました。

左が「ひっぱりだこ飯」の容器、右が「金色のひっぱりだこ飯」の容器です。

どちらも陶器ですが、左の古い方が気に入っています。

IMG_1117.jpg

やはり、こういうことをしてみたくなりました。

スーパーで売られている蒸しタコです。

前回は煮タコにしたのですが、今回は、そのまま、山葵醬油につけて食べました。

鰹節醬油を使ったので美味しくいただきました。

川中子温泉極楽荘

IMG_1090.jpg

茨城県常陸太田市にある一軒宿の温泉旅館です。

最寄駅は水郡線の常陸太田駅、あるいは常磐線の大甕駅です。

IMG_1091.jpg

ここが入口です。

鄙びた小さい旅館です。

今回は日帰りですが、宿泊しても1泊2食付きで6480円だそうです。

IMG_1093.jpg

ここの温泉です。

東京大田区、台東区、江戸川区にあるような黒湯です。

本の説明によると、コーラのような赤褐色の含食塩重曹泉と書かれています。

IMG_1102.jpg

今回は黒湯に合わせて、赤いタオルを頭に乗せて入浴シーンを撮ってもらいました。

大変入り心地の良い温泉です。

黒湯ですが、都内の温泉銭湯と少し違うような感じがしました。


場所を変えて、常陸太田市の地酒を飲むことにしました。

IMG_1109.jpg

松盛というのが、常陸太田市の地酒です。

IMG_1110.jpg

冷酒でいただきます。

IMG_1111.jpg

まず、瓶ビールを飲みます。

日本酒を飲みながら蕎麦食べるのは美味しいです。冷やしとろろ蕎麦です。

蕎麦と酒を口に入れ、噛みしめると独特の風味が出ます。

IMG_1113.jpg

特急スーパーひたちの車内です。水戸から上野までノンストップでした。

軽く飲んで寝てしまいました。


メッセージを送る