So-net無料ブログ作成
検索選択

インド コナラクのスーリア寺院

1.jpg

インドのオリッサ州のコナラクにあるスーリア寺院です。

13世紀のナラシンハデーヴァ王がイスラム教徒との戦争に勝ったことを記念して

太陽神スーリアを讃えるために造られたヒンドゥー神殿の遺跡です。

正面から見ると、このようになります。

2.jpg

これは、馬車が神殿全体を引っ張るという形になっています。

3.jpg

壁面の彫刻です。かなり精緻に造られています。

4.jpg

ヒンドゥー諸神の彫刻も見事です。

5.jpg

これは、男女の交合図(ミトゥナ)です。

6.jpg

神殿の最下段部にも見事な彫刻が施されています。

7.jpg

この車輪の彫刻は、神殿の片側に12個ずつ計24個彫られています。

12の車輪は1年を表し、同時に日時計の役割を果たしていたと言います。

8.jpg

車輪中央部の彫刻です。各時刻の日々の行いが彫刻されています。

9.jpg

車輪の下段の輪の部分です。ここにも細かい彫刻が施されています。

10.jpg

この神殿の御本尊、4mある太陽神スーリアは大英博物館に展示されています。

この神殿は太陽神スーリアを乗せた巨大な天空を飛翔する馬車なのです。

空想力こそが、この遺跡を素晴らしいものに見せてくれます。

1993年4月に訪れました。
nice!(62)  コメント(24)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 62

コメント 24

orange

どれだけ沢山の人がこの神殿の制作に関わったのか…
細かな彫刻を見ると本当にため息がでます。
こうした屋外の遺跡は保存がたいへんですね。

by orange (2011-03-26 21:26) 

toshi

orangeさん、いつもありがとうございます。
本当にそうですね。貴重な文化遺産だと思います。
たしかに少しずつ風化しています。
by toshi (2011-03-26 21:37) 

tama

わぁ~本当に見事なヒンズー教の神殿ですね。
細かい彫り物に心惹かれます。
by tama (2011-03-26 21:56) 

toshi

tamaさん、いつもありがとうございます。
この寺院は大変魅力的だという評判になっています。
by toshi (2011-03-26 22:25) 

Sanchai

サンチーに続き、コナーラクのスーリア寺院も珍しく私も訪ねたことがある場所で、懐かしさを感じながら読ませていただきました。(私の訪問記をTBさせていただきました。ご笑覧いただけると幸いです。)1993年当時はこんな風景だったのですね。私が尋ねたのは2009年1月だったので、風景の違いに多少気付きました。
by Sanchai (2011-03-27 05:51) 

toshi

Sanchaiさん、いつもありがとうございます。
コナラクの記事、拝見させていただきました。
16年経って、遺跡の周りが整備されたようですね。
大変参考になりました。
この遺跡はインドの数多い遺跡の中で
最高にロマンを感じさせるものだと思います。
by toshi (2011-03-27 07:42) 

博多通りもん

いつも信じられないほどの手の込んだ
彫刻には感動を覚えますが、馬車が
神殿を引くって言うのも面白です。
ちょっとご本尊がいないのが残念ですね。
by 博多通りもん (2011-03-27 08:16) 

toshi

博多通りもんさん、いつもありがとうございます。
貴重な文化財や財宝は、イギリスに奪われたようです。
遺跡だけは持っていくことができません。
今度、大英博物館にも行きたいと思います。
by toshi (2011-03-27 08:28) 

ぼるふがんぐ

素晴らしい寺院遺跡なんですね。日時計だった12の車輪、
今は使えないのでしょうか?
ご本尊様は大英帝国に拉致されちゃったんですね ^^;
by ぼるふがんぐ (2011-03-27 11:39) 

toshi

ぼるふがんぐさん、いつもありがとうございます。
今でも使っているかどうかはわかりません。
でも、使えそうですね。
by toshi (2011-03-27 12:27) 

くろた

ミトゥナ像たっぷりの遺跡で
見応えありますね~。
カジュラホの遺跡と同タイプの
ヒンドゥー建築ですかね。
by くろた (2011-03-27 18:18) 

toshi

くろたさん、いつもありがとうございます。
インド、オリッサ州の観光のハイライトです。
カジュラホよりは、やや地味ですが彫刻は良いです。
by toshi (2011-03-27 18:56) 

リュカ

これはすごく面白いですね!
神殿を馬車がひっぱる、発想がすばらしいですね。
by リュカ (2011-03-27 21:15) 

koume

見事な彫刻!!
全体が馬車に引っ張られてると言うつくりがすごい。。
ご本尊、大英博物館なんですねー。
いつかこちらに返してあげたい気がしますが…。
by koume (2011-03-27 21:33) 

toshi

リュカさん、いつもありがとうございます。
世界の神話の中でインド神話やインドの宗教が
一番奇想天外だと思います。
by toshi (2011-03-28 07:45) 

toshi

koumeさん、いつもありがとうございます。
大英博物館には世界中の文化遺産があるようです。
早く現地に返してあげたいですね。
by toshi (2011-03-28 07:47) 

花火師

壁面の細かな彫刻、すばらしいですね
こういうのを見る旅に行ってみたいものです。
by 花火師 (2011-03-28 17:38) 

toshi

花火師さん、いつもありがとうございます。
インドには、こういう遺跡が数多くあります。
by toshi (2011-03-28 19:44) 

kohtyan

素晴らしい遺跡ですね。
アンコールワットによく似ていますね。
by kohtyan (2011-03-29 09:45) 

のらん

やはりインドには壮麗な遺跡があるのですね~

by のらん (2011-03-29 16:24) 

toshi

kohtyanさん、いつもありがとうございます。
アンコールワットもヒンドゥー寺院ですね。
あの辺と共通しています。
by toshi (2011-03-29 19:37) 

toshi

のらんさん、いつもありがとうございます。
インドは遺跡の宝庫です。
by toshi (2011-03-29 19:39) 

スミッチ

巨大な天空を飛翔する馬車ですか
すばらしい想像力ですね
by スミッチ (2011-03-30 22:26) 

toshi

スミッチさん、いつもありがとうございます。
古代インド神話のロマンです。
by toshi (2011-04-02 08:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る