So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

チョイジンラマ寺院博物館

IMG_5731.jpg

モンゴルのウランバートル市内にある、チョイジンラマ寺院博物館です。

IMG_5730.jpg

活仏ボグドハーン8世の弟の寺として、1908年に建立されました。

IMG_5721.jpg

釈迦如来です。

IMG_5723.jpg

マンダラやタンカ、そして、様々な仏教芸術が展示されています。

IMG_5725.jpg

これは、ツァム(仏教仮面舞踏)をする時に頭にかぶるものです。

IMG_5727.jpg

これが、ツァムの衣装です。

IMG_5728.jpg

ここは、年に一度行われるツァムの祭りが最後に行われた寺院です。

ツァムは、1993年に伝統芸能として復活したそうです。

DSC01208.jpg

チベット仏教の忿怒尊です。

DSC01209.jpg

怖い顔をしていますが、仏教の守護神です。

DSC01210.jpg

チベット仏教文化圏には、こういう仏像が多いです。

DSC01212.jpg

これらは単神像です。

DSC01213.jpg

これは、ヤブユムと言って、男女合体尊です。

明妃を抱いています。

男女の合体を悟りの境地とする、密教の考え方です。

IMG_5716.jpg

顔ハメです。

活仏になったような気分になりました。



数日間、家を留守にしますので、ブログを休止いたします。

9月上旬に再開する予定です。

また、よろしくお願いします。
nice!(31)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ボグドハーン宮殿博物館

IMG_5692.jpg

モンゴルのウランバートル市内のボグドハーン博物館です。

IMG_5696.jpg

活仏ボグドハーンが住んでいた宮殿です。

IMG_5694.jpg

1906年に完成しました。

中は仏教美術の宝庫です。

IMG_5701.jpg

釈迦如来像です。

IMG_5699.jpg

仏像と一緒に、タンカ(仏画)も展示されています。

マンダラとタンカの違いは、マンダラは複数の仏や記号を用い、宇宙を表しています。

タンカは、主に一つの仏様の絵なのです。

IMG_5695.jpg

これなど、マンダラと呼べる素晴らしいものです。

IMG_5700.jpg

これは、タンカです。

DSC01191.jpg

これは、ザナバザルのタンカです。

ザナバザルとは、1635年に生まれ、チベットのダライ・ラマ5世から

モンゴル初の活仏(生き仏)であると宣言された人です。

DSC01192.jpg

DSC01194.jpg

これらは、忿怒神のタンカです。

仏教の護法尊です。

IMG_5702.jpg

これは、チベット文字を縦書きのモンゴル文字に翻訳した

仏教経典です。



カラコルムの遺跡の門前で、私の名前を

縦書きのモンゴル文字で書いてもらいました。

これです。

小泉俊幸.jpg

左側が苗字

右側が下の名前です。

アルファベット表記で名前を書くと、このようなモンゴル文字で書いてくれます。

こういう商売もあるんですね。

でも、これは、表札には使えません。笑
nice!(58)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

モンゴル料理、いろいろありますね

IMG_5911.jpg

モンゴルの生ビール、もっと美味しい生ビールがあるそうです。

瓶ビールも美味いです

IMG_5684.jpg

左が牛乳餃子、右側が羊肉焼きそばです。

牛乳に入れた水餃子みたいなものです。

IMG_5685.jpg

牛乳なのに、餃子の中身は羊肉です。

これは、とても美味しいです。

できれば、羊の乳で煮込んで欲しかったです。

IMG_5753.jpg

これも羊肉の餃子を野菜スープで煮込んだものです。

これは、さっぱりしていますが、やはり量が多いです。

IMG_5905.jpg

これは、羊肉の、お粥です。

一度でいっぺんに食べたわけではありませんが

毎回、肉に圧倒されました。
nice!(72)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

土肥温泉

IMG_5971.jpg

モンゴルで草原や砂漠を楽しんだので

今度は、海が見たくなりました。

IMG_5970.jpg

やはり、夏の海はいいですね。

IMG_5966.jpg

このボートに温泉が入っていて、無料で入浴できます。

水着着用です。

海水浴客と一緒に入りました。湯は、ややぬるめです。

IMG_5979.jpg

今度は、この旅館で入浴しました。

IMG_5980.jpg

やはり、海の見える露天風呂は気持ちがいいです。

ここは、空いていましたが、1人入浴客がいたので入浴シーンを撮ってもらいました。

IMG_5975.jpg

海岸から、15分ぐらい歩いた場所にある磯料理の店です。

ここは、混んでいたので他の人と同じテーブルで食事をしました。

この船盛刺身定食を注文する人が多いです。

新鮮な刺身、カニの味噌汁、生ビールに地酒

日本に生まれて良かったと思いました。


次回は、また、モンゴルの記事になります。

また、よろしくお願いします。
nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

草原を走る馬

IMG_5908.jpg

カラコルムからウランバートルの中間地域の草原です。

馬で、遊牧民の人たちが競走していました。

IMG_5909.jpg

モンゴルの草原らしい写真が撮れました。

IMG_5910.jpg

こんなふうに馬に乗っては走れたら気持ちがいいでしょうが

私には無理です。

IMG_5854.jpg

私は、これで満足です。


IMG_5851.jpg

ホーショーローという、モンゴル料理です。

揚げ物で、中には羊の肉が入っています。

三つ食べたら満腹になりました。
nice!(86)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ツェンケル・ジグール温泉

IMG_5878.jpg

前の記事のカラコルムから、車で2時間半、モンゴル中央部のハンガイ山脈の麓に

ツェンケル温泉があります。

オゴタイハーンの隠し湯などと言われていますが

近年、日本人が開発したものらしいです。

IMG_5873.jpg

このようなパイプラインで源泉を引いています。

IMG_5872.jpg

これが、源泉です。

かすかに硫黄の臭いがします。

IMG_5883.jpg

やはり、ゲルに宿泊です。

IMG_5861.jpg

今回のゲルです。

IMG_5860.jpg

中は、前のブルドのゲルより広く、過ごしやすいですが

基本的には同じです。

IMG_5880.jpg

でも、ここには温泉があります。

IMG_5864.jpg

日本式の岩風呂です。

ツェンケル温泉には、他にも宿泊施設がありますが

他の施設には、温泉プールしかありません。

IMG_5855.jpg

早速、日本式入浴シーンです。

日本の温泉と同じ入り心地です。

IMG_5890.jpg

ここは、混浴ですが、水着着用で入浴します。

ここに、二泊三日で滞在しました。

立っているのは、モンゴル人の、おっさんです。

真ん中の日は、昼寝と温泉入浴とビールを飲むことだけに費やしました。

IMG_5891.jpg

でも、いきなり、針葉樹林の方から雨の音が聞こえてきます。

その、5分後、猛烈な雷雨です。

でも、そのまま、温泉に浸かっていました。

IMG_5882.jpg

温泉上がりはビールです。

ここは、タイガービールしかありません。

モンゴルのビールは、ウランバートルの記事で公開します。

手前に見えるのが、野菜スープ、奥の小籠包のように見える物は、ボウズと言って

中に汁はなく、羊肉が詰まっています。モンゴルの代表的な料理です。

IMG_5858.jpg

羊肉定食です。ビールとモンゴルウオッカです。

全部は食べられません。

やはり、日本の酒と食べ物の方がいいです。
nice!(96)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ハラホリン(カラコルム)

モンゴル中央部に位置する、ハラホリン(カラコルム)は、チンギスハーンの次男である

オゴタイハーンが、ここに都を建設し、モンゴル帝国の首都として繁栄した場所です。

ここに、壁と、108のストゥーパ(仏塔)に囲まれた縦400m横400mの

エルデ二・ゾーという場所があります。

IMG_5809.jpg

ここが、その西門です。

ここから入ります。

IMG_5810.jpg

中国式の寺院が見えます。

エル二ゾー寺院、あるいは、ゴルバン・ゾーとも呼ばれています。

IMG_5820.jpg

三つの伽藍があります。モンゴル最古の寺院です。

真ん中の伽藍が一番古く、1585年から1587年にかけて建てられたものです。

近くに見える伽藍は二番目に古く、遠くに見える伽藍は三番目に建てられたものです。

チベット仏教寺院です。

IMG_5821.jpg

二番目に古い伽藍の内部です。

左から、過去仏である燃燈仏、真ん中は現在仏の釈迦仏、右は未来仏の弥勒仏です。

IMG_5823.jpg

私が収集しているような小さなブロンズ仏がありました。

ソ連時代に僧も粛清され、この寺院も閉鎖されますが、

寺宝などは民間人が隠したそうです。

IMG_5824.jpg

お菓子で、作られた仏具、古いので食べられません。

IMG_5825.jpg

真ん中の一番古い伽藍です。

IMG_5826.jpg

左側に安置されている阿弥陀仏です。

IMG_5829.jpg

中央の釈迦仏です。

IMG_5827.jpg

見える部分を拡大しました。

なかなか良い釈迦如来です。

IMG_5828.jpg

右側に安置されている薬師如来です。

IMG_5833.jpg

三番目に建てられた伽藍です。

IMG_5834.jpg

左から観世音菩薩、釈迦如来、チベット仏教の祖師です。

IMG_5836.jpg

中央の釈迦如来は立派です。

IMG_5835.jpg

左側の慈愛に満ちた観世音菩薩、これは大変気に入りました。

とても良い観音様でした。


IMG_5844.jpg

これは、チベット式建築のラブラン寺、あるいは、シャンヒーン寺院とも呼ばれてます。

IMG_5847.jpg

お菓子で作られた仏具、これは新しいので食べられます。

IMG_5846.jpg

お菓子で作られた仏像です。

IMG_5848.jpg

この寺で僧侶が信者の人たちのために、経典を唱えているところです。

現在のモンゴルでは、チベット仏教を信仰する人が多いです。

私が参拝した時、参拝者に無料で馬乳酒がふるまわれていました。

私も飲ましてもらいました。

IMG_5842.jpg

壁と、108のストゥーパ(仏塔)で囲まれている、エルデニ・ゾーは広大です。

建物以外に、遺跡(建物の跡)などがありました。

nice!(105)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブルド砂丘

古都カラコルムに行く途中にブルド砂丘があります。

草原のなかにある小さな砂漠です。

IMG_5783.jpg

ここでラクダに乗りました。

IMG_5780.jpg

フタコブラクダなので、前のコブにつかまって乗ります。

IMG_5773.jpg

少し怖いですが、面白いです。

中国エジプトなどでもラクダに乗りました。

モンゴルと中国以外は、ラクダのコブは一つです。

IMG_5788.jpg

砂丘では、小さなガラスの瓶に砂を入れて持ち帰ります。

中国のゴビ砂漠、タクラマカン砂漠、インドのタール砂漠、モロッコのサハラ砂漠などの

砂も収集しました。

IMG_5793.jpg

この日の夕食です。

前の記事で公開した馬乳酒、モンゴルのウオッカを飲みながら食べたのは

羊の肉をあっさり煮込んだ素朴な料理です。

IMG_5792.jpg

牛肉のハンバーグも食べました。

肉の量が多いので、全部食べられません。

IMG_5786.jpg

宿泊したゲルです。

IMG_5787.jpg

ゲルの内部です。

薪を使うストーブがあります。

IMG_5795.jpg

ゲルの中で、モンゴルウオッカの馬乳酒割りを飲みました。

夜は気温が下がります。

IMG_5798.jpg

ストーブは、新聞紙を燃やして、薪に火がつくようにします。

新聞紙の量が少ないと薪に火がつきません。

こういうストーブ、初めて体験しました。
nice!(92)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

馬乳酒

IMG_5750.jpg

モンゴルの大草原、黒や茶色は山羊、白いのは羊です。

このような風景が、どこまでも続いています。

IMG_5754.jpg

これは、馬乳酒を売っているという看板です。

馬乳酒は、生製品で、すぐに駄目になり三日間ぐらいしか飲料できないため、

普通の商店で販売できないのです。

IMG_5757.jpg

こういう遊牧民の家庭で売られているものを買うしかないのです。

四年前に中国の内蒙古自治区で飲んだ馬乳酒は、全部偽物でした。

IMG_5758.jpg

遊牧民のゲルの内部です。

IMG_5759.jpg

これが、本物の馬乳酒です。

色は白く、大変酸味が強いです。

アルコール分は、2%弱ぐらいです。

IMG_5760.jpg

大勢で飲む時は、このような椀に注ぎ、半分飲んで、また、馬乳酒を注ぎ

回し飲みするのが、正式な飲み方のようです。

IMG_5789.jpg

このように、ペットボトルに入れて売られています。

三日以内に飲まないと腐ってしまいます。

IMG_5785.jpg

これは、遊牧民が製造した天然バターです。

IMG_5784.jpg

こういうふうに、天然バターをパンにつけて食べます。

目茶目茶、美味しいです。

IMG_5766.jpg

このゲルの遊牧民が飼っている馬です。

馬の乳は、牛と違い、採れる量は少ないそうです。

今回、本物の馬乳酒が飲めたので、大変満足できました。
nice!(100)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ガンダン寺

IMG_5703.jpg

モンゴルの首都ウランバートル市内にある、ガンダン寺の観音堂です。

1838年、ボグドハーン5世によって建立された、チベット仏教寺院です。

IMG_5707.jpg

内部の御本尊、25mの観世音菩薩です。

20世紀の初めに盲目となったボグドハーン8世が治療のために祈願して

建立された開眼観音です。

しかし、1938年にソ連のスターリンによって破壊されます。

今の観音像は、1996年に完成したものです。

IMG_5710.jpg

巨大な観音様の下に小さな観音様があります。

多くの人々は、ここで礼拝します。

IMG_5708.jpg

寺の内部には忿怒尊などが祀られています。

IMG_5711.jpg

内部の壁面にも多くの仏像が安置されています。

IMG_5712.jpg

金属の円筒形の物は、マニ車です。

マニ車の中には経典が納められています。

マニ車を回すと、経典を読んだのと同じ功徳があります。

巨大な観音様の周りを右回りで歩きながら、マニ車を回していきます。

これが、参拝の仕方です。
nice!(94)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
メッセージを送る